ホーム > トップメッセージ

 

お客様から信頼を得る。
その実現のために、
人間的な魅力を磨いて欲しい。

代表取締役社長 加藤 重信

お客様から信頼を得る。
その実現のために、
人間的な魅力を磨いて欲しい。

代表取締役社長 加藤 重信

創業から40年。
独自の営業スタイルを貫き、確固たる地位を確立。

菱東産業の創業は1978年。以来、空調冷熱の専門商社として、三菱電機を中心に特殊空調設備機器の販売や保守・メンテナンスを手掛けてきました。2000年代には全国に営業所を開設するなど飛躍的な成長を遂げ、2014年に現在の経営陣へ継承し、より強固な営業体制を構築。そして2018年、創業40周年という大きな節目を迎えることができました。菱東産業の主力商材の特殊空調は、発電所設備や放送局の送信機、通信会社のサーバーなどを冷却する機械であり、人々の生活に欠かせないインフラを守り続ける縁の下の力持ちの役目を担っています。当社がこの特殊空調の分野において確固たる地位を確立してきた理由は、「エンジニアリングセールス」という独自の営業スタイルにあります。製品の開発時から契約先の企業へ提案を行い、納入後の設置はもちろん、その後の保守、点検などのアフターフォローまで長くお客様にトータルソリューションを実施。お客様の日々の相談や不測の事態に対し、社員全員が迅速かつ丁寧に対応し続けた結果、大きな信頼を得られているのだと考えています。

お客様から信頼を得る。
その実現のために、人間的な魅力を磨いて欲しい。

私たちが何よりも重視しているのは、お客様からの信頼です。相手から「この人と一緒に仕事がしたい」と思われる人が、当社の仕事において成果を出し続けています。信頼を得るために必要なこと。それは相手の気持ちを察することができる「気づく力」だと私は考えています。コミュニケーション力、あるいは人間力とも言い換えていいかもしれません。
当社の仕事はBtoB、つまり「会社対会社」のビジネスモデルを構築しています。しかし、仕事の細部を見つめれば「人対人」といった人間同士のコミュニケーションの積み重ねからできていることが分かります。もちろん製品や業界に関する知識を持つことは仕事の上では大切です。けれども、それ以上にお客様から信頼される、人間的な魅力を養うことを社員には意識して日々取り組んで欲しいと考えています。その力を涵養するため、菱東産業ではきめ細やかな新人教育を実施。入社後の研修から始まり、現場で独り立ちして自分で結果を出す実感を得られるまで、一人ひとりの成長を見守っていきます。

採用エントリー

Copyright © 2018 RYOTO. All Rights Reserved.